初めてのときや気持ちの動揺が激しい時には・・

写真素材-フォトライブラリー

初めてバッチフラワーレメディを体験するとき、また、動揺が激しくて自分の感情を冷静に見つめることが難しいと思ったときは、プラクティショナー(直訳すると「実践者」です。バッチフラワーレメディ愛用者といってもいいでしょう)の力を借りてもいいでしょう。


プラクティショナーは、バッチフラワーレメディの特徴だけでなく、それらが開発された背景、実際に利用して改善した例などより深い知識を習得していますから、どういう場合にどんなものが相応しいか、的確に判断することができます。


また、誰かに自分の気持ちを聞いてもらうことで癒されることも少なくありません。


ただし、プラクティショナーはバッチフラワーレメディの知識を私たちに伝えて、私たちが選ぶ手助けをしてくれるだけ。

最終的に自分がとるものを選択し、決定するのは私たちです。


選ぶ要領が判ってくると、ひとりででも自分に相応しいものをスムーズに選べるようになってきます。


◆ バッチフラワー・レメディ コンサルテーション

さくらバッチフラワーセラピー

福岡県筑紫野市で自分らしく豊かに過ごすためのコンサルテーションと少人数制のクラスを開いています。