sakura

記事一覧(136)

マルセイユタロットリーディング・サンプル

タロットカードには、古代から脈々と伝えられてきた秘儀が隠されているという説と、貴族発祥のカード遊びに無理やり神秘性を持たせたものだという説があります。個人的には、どのようなものでもそこに ある特定の 意味付けや意図をするだけで何の変哲もないガラス球もスクライイングの道具となり、花札もオラクルになりうると思っていますので、その起源やかつての利用法などではなく、いま、どのように活用するのか、意味づけするかによって変わってくるように思っています。さて、タロットカードの中でもマルセイユ版と言われるものの絵柄は一種独特であり、美しいタロットの絵柄ばかりご覧になっているかたからの評判はあまりよくないようです(笑)が、慣れてくると驚くほど味のある絵柄だとわかってきます。今回はこれを利用して、実際に私がどのようなコンサルテーションをするのか、その簡単な流れをご紹介いたしますね。なお、サンプルは対面でのスタイルでお話ししていますが、非対面コンサルテーションでも同じようなことをしています。また、非対面コンサルテーションでご希望の方には、引いたカードを画像としてお送りしています。 コンサルテーションの様子、流れなどお仕事や恋愛を含む人間関係、肉体の健康についてなど、どのようなことにもお答えするようにしておりますが、ぼんやりしたご質問だとぼんやりとした回答になってしまいますので、どのようなことを知りたいのか、大枠はお考えくださることをお勧めします(この件につきましては、こちらの記事後半 でお話ししています)。対面では、必ず鑑定希望のかたにカードをシャッフル、カットしていただいています。そうすることでカードの中にいるエンティティの情報をゲストがうまく受け取れます。カードの示す情報は、一般に広く知られているような「意味」には左右されません。ですから、かえって何もご存知ない方のほうが上手にカードとコミュニケーションを取られるようです。もちろん、知っていることが悪いことではありませんが、ある種の枠や前提、型にハマってしまい、本当にカードが伝えたがっている情報を受け取り損ねることが多いように思います。タロットカードの正位置、逆位置の解釈もそうで、通常はカードの情報がそれぞれポジティブあるいはネガティブに出ているとされますが、そうとも限りません。ゲストが不穏な気持ちになればそれが正位置でもネガティブに解釈されますし、また、逆位置でもポジティブに感じられればそうです。個人的には、対面、非対面でのコンサルテーションの結果に差はないと思っています。が、対面の場合は直接やり取りができることで内容が濃く感じられるのかもしれません。さくらのマルセイユタロット・リーディング

リーディングについて、雑記

私は、タロットだけでなく、占星術やカラーリーディング、透視リーディングやスクライイングでも、リーディングはすべて「スナップ写真」だと思っています。ある場面のある瞬間を”リーダー(鑑定者)というカメラ”が切り取ったのもので、ゲスト(鑑定希望者)のこれから先のことが「完全に」固定されたものではありません。つまり、これから先のことはゲストの意志や意図によってどのようにも変えられるものなのです。うまい例えが見つかりませんが、ハイキング中のゲストの写真が撮れたとして、その風景・・・山や川、建物などおいそれとは変わらない、変えられないものもありますが、そこに向かうご自身の心身の具合や服装、持ちもの、行く時間や場所など、変えられるもの、こともたくさんあります。これから行く先、道に、どうやら大きな穴があるらしいとわかったら、それをどう体験するか・・・穴の位置を避けて通るのか、ルートを変えるのか、などの検討をするというものが近いように思います。つまり、リーディングは、その結果によって自分やひとさまを決めつけたり批判したりこれから先のこと予言したり占ったりの材料にするものではないのです。それと、個人的には「総合的なことをみてほしい」というリクエストがとても苦手です。ひとくちに「総合的」といっても、多種多様な捉え方があるからです。リーディングを希望されるということは、おそらく、何らかの具体的指針やある種のパラダイムシフトを欲していらっしゃるわけで、その方に対して、金銭面や健康面で全く不安はないけど人間関係がちょっと、、、という場合に、「”総合的にみると”悪くはないようですね」とお答えしても納得されないでしょう。でも、基本的にリーダーは問われないことに答えることはできないのです。リーダーから「どういう応(いら)えが欲しいのか大枠だけでも設定してほしい」とお願いするのはそういう理由からなのです。例えば、仕事のことでも、職場の「人間関係」のことなのか「職の適性」のことなのかでリーダーの応えは異なってきます。ゲストの「正確な問い」によって初めてリーダーからの「正確な応え」ができます。